収支が合う

案内するスーツ姿の女性

日常生活の中で、よく使用されている言葉にとんとんがあります。 これは、収支があうことという意味があります。 語源の歴史には、舞台などで踊る時に調子よく足音を「とんとん」鳴らして床を踏む様子から、続けざまに行進するから、順調に進むになり、うまくいくと言う意味になりました。 ちなみに、とんとん拍子なども類語になります。 また、別の変遷として二つ以上のものが同じ程度であることを意味する言葉でもあり、主に収支に対して使われることもあります。 収支のようにプラス、マイナスに差がないことを意味したり、複数に物をわけるときに、それぞれが同じ程度であるという意味にも使用されます。 とんとんは、「ほとんど」「ほぼ」といった意味が含まれていて、双方の価値や量が完全に一致する必要はありません。

とんとんという言葉は、現在でもよく使用されています 擬態語、擬音語であり「続けざまに軽く叩く音」などを表しますが、どんどんはかどるや物事が順調に進むさまも言います。 とんとん拍子ともよく言いますが、これは師匠の手拍子に合わせて練習しても最初は息が合いませんが、徐々に手拍子に重なりあって床を「とんとん」と踏む音が揃ってくることを表現していて、二つのものがほぼ同じで差がない様も言われるようになりました。 元々は舞台での踊る時の意味だったとんとんですが、これからの言葉の意味の動向を予測していくと、また長い年月が経過してくるとその意味は変わってくるからもしれません。 ただ、多少が違ってきても本来表現していた意味合いはそれほど変化はないと考えられます。