資金運用

財布とお金

通常のカードローンなどでは、使用用途を限定したり、個人の返済能力(年収や勤続年数など)によって借入限度額に限界が合ったりします。これが不動産担保ローンの場合には、個人の返済能力に加え資産の価値が付加されるため100万円から数千万円といった高額な借り入れが可能となる点にあります。 また、不動産担保ローンの場合には使用用途が限定されませんので、幅広い資金運用ができます。たとえば数社からのカードローンをとりまとめて、低金利で長期計画野本返済を進めるなど有効活用ができます。個人型から事業活用型と各種金融機関において商品化されていますので、所有する不動産などの資産を担保として活用して、新たな資金調達を視野に入れる手段となりえるでしょう。

まとまった資金調達の手段として有効な不動産担保ローンですが、そのデメリットもふまえて勝つようすることが大切です。まず、不動産担保ローンへ不動産を差し入れする場合、登記上の根抵当が発生します。これは住宅ローンなどを組んでいる不動産の場合、新たに担保として差し入れすることが不可能ということです。 根抵当が組まれていない不動産であっても、差し入れの際にはまず不動産の鑑定を受けなくてはなりません。そのため、急な資金調達の場合には、融資までの時間がかかるため不向きなことが分かります。また、鑑定にかかる手数料や、根抵当などの登記手続きにかかる手数料、さらに事務手数料などがコストとして発生しますので、あらかじめ金融機関の担当者との打ち合わせなどを入念に行っておきましょう。