月々の支払い

紙幣を数える手

 不動産ローン金利の低下が例に無いほど進んでいます。不動産価格の下落も相乗効果となり、「一生に一度の買い物」と言われる不動産取得に大きな追い風となっています。分譲マンション・戸建市場とも活性化の兆しが見られ、事実新築分譲マンションの売れ行きは著しい成果が見られます。一方、中古不動産についても新築人気の影響により価格下落が進み、購入し易い状況とも言えます。  不動産ローン金利低下により月々に支払う居住費の支出が抑えられ、賃貸よりも支出が少なくなる事により、一定のお金貯蓄に回せる事が可能です。立地や建物地区年数、間取り等が影響するが状況によっては購入金額と同等価格で売れる例もあります。安部ノミクスによる経済効果と東京オリンピックによる経済効果により、不動産取得に拍車が掛かる事が期待されます。

 不動産ローン金利はバブル期をピークに低下傾向を続けています。時代の背景としては、不動産神話により「持っていれば今よりも高く売れる」と異常に過熱しすぎた時代が金利ピークであり、不動産取得価格も現状相場よりも2倍近く高かったものと推測されます。現在は不動産価格・不動産ローン金利も著しい低水準をキープしているので、今後日本経済の活性化により上昇する事も考えられるので、絶妙の買いタイミングとも言えます。  一押しなのが中古市場で、リフォーム済みのリノベーション物件が着目されています。中古物件は購入してからリフォームを検討しますが、既にリフォームされている物件を購入するので心配する必要がありません。新築・中古とも、どちらを検討しても良い時代と言えるでしょう。