代行の利用

ファイルを開く女性

決済代行サービスは、コンビニ決済や電子マネーの登場、そしてネットバンキングなど日に日に便利になりつつあります。 しかしながら、今後の動向を見てみても最も利用者が多いのがクレジットカード決済代行であり、将来的にもクレジットカード決済代行が減少することは考えられません。 やはりなんといっても決済代行で利用者が最も多いのがクレジットカード決済代行です。クレジットカードを利用できるインターネットショッピングは最も多く、ネットバンキングやコンビニ決済の代行を行っていなくてもクレジットカード決済代行を利用することができるところがほとんどです。クレジットカード決済代行は最も利用しやすい決済代行であることは今後も変わりません。

クレジットカード決済代行を利用すると、様々なカードブランド(Visa、JCB、Master Card)などと個別に契約する手間をかけずに、クレジットカード決済代行会社が提携している全てのカードブランドを利用でき、さらにシステムも一本化できるというメリットがあります。 しかし、クレジットカード決済には、カード情報の悪用や漏洩、ハッキングなどのリスクがあります。これらのリスクはネットショップを運営している者が負わなくてはなりません。 そのため、クレジットカード決済代行会社を利用するに当たっては、個人情報の保護に強固な対策を講じている会社を選ぶことが大切です。PCIDSS、プライバシーマーク、ISO27001などの規格は、リスク対策基準に対応している証拠となります。クレジットカード決済代行会社を選ぶときは、料金だけでなく、これらの規格に準拠しているかどうかも確認しましょう。